私がおすすめするニキビ跡の治療について

病院に行くも悪化せずにすんでいる程度でした


漢方薬なども試しました

写真

病院にはその間に何度か通ったのですが、悪化しないのでとりあえずはこの方法を続けると言う事になっていました。ある程度の期間通院しましたが、結局満足いく程改善する事は有りませんでした。ニキビ跡もやはり残っているし、何よりニキビもできては治り、と言うのを繰り返している状態でした。そんな時に病院で勧められたのは漢方薬でした。結構前の事になるのでどんな名前の薬を処方されたかと言う事は覚えていませんでしたが、先生曰くこの方法で改善しない場合は皮膚移植しかない、と言う話だったのを覚えています。漢方薬自体は今まで飲んでいた薬に比べると少々飲みにくく感じてしまいましたが、飲み始めてから少し過ぎた頃から、だんだんと肌の状態が良くなって行きました。まず髪の毛の生え際には出来なくなってきたと言う事、そして頬等にもニキビが全くできなくなりました。私自身どうせまた今までと同じ出それ程良くなる事は無い、きっと皮膚移植になるだろうと思っていたのでここまで回復した事に対しては凄く嬉しく感じたのを覚えています。漢方薬での治療を続けながら、私自身も自分で出来る事を行っていました。


食事や睡眠もしっかりと管理してだいぶ、よくはなっているような

写真

その一つが栄養のバランスのとれた食事です。実際には私ではなく母が気を付けてくれていたのですが、それまでは私自身が嫌いな物はあまり母は食卓に出す事は無かったのですが、ニキビを良くすると言う事になったので嫌いな物も沢山出るようになりました。野菜等も色々と食べていて、多分あの頃が人生において最も野菜を食べた時期だと思います。結局漢方薬と食事の改善、野菜の摂取をする事でだんだんと肌の状態が良くなって行きました。今の私自身は年齢もあるのかもしれませんが、ニキビ自体はあまりできなくなりました。時々顎の辺りに少し出来る事は有りますが、数日丁寧な洗顔をしたりするだけでも簡単に改善します。ニキビ跡に関しては酷い物はやはり色素が沈着してしまったので残っていますが、それ程酷くない状態の物はほぼ目立たないところまで回復しました。



ニキビが原因で自分の顔に自信が

メニューに戻る