私がおすすめするニキビ跡の治療について

中学の時にニキビが原因で自分の顔に自信がなくなり

新宿 治療 ニキビ跡
ゆり皮膚科

市販の薬で対応したけど

写真

私はちょうど中学生になった頃から少しずつニキビが増えて行きました。また、中学3年生の修学旅行の日を境に、一気に増えて行ってしまったと言う事があります。それまでは部分的にしかなかったニキビが、その日を境に顔中に出来てしまいました。全体が化膿していて、潰すと中から膿が出てくるので最初は早く良くする為にと潰していたのですが、気が付いたらニキビ跡 が出来てしまいました。最初はドラッグストアでニキビ治療薬を買ってもらい、それを使っていました。実際に薬剤師の人に自分の肌の様子を見てもらって、おすすめの薬を紹介してもらい、それを毎日洗顔後に塗ると言う生活を続けたところ、少しだけ肌がきれいになりました。


皮膚科に行っても多少、良くなる程度で満足は

写真

ただ実際には少し良くなった程度で、それ程大きな変化はなく、ニキビ跡は勿論の事、ニキビ自体もまだまだ顔に残っている状態でした。食事内容を変えたり、睡眠時間を確保したり、私なりにできる事を行ったのですがどうも中途半端に終わりました。だったらもう病院に行く方が良いだろうと思った私は、皮膚科で見てもらう事にしました。皮膚科では最初、塗り薬と飲み薬が処方されました。とりあえず肌に出来ているニキビをこれ以上酷くしない事、と言う事でニキビの治療がメインだったのを覚えています。薬を飲み始めてからある程度過ぎた頃には、肌はここ数年のうちで最も良い状態まで持って行く事が出来ました。私としてはここまでの変化をするとは思っていなかったのですごく嬉しかったのを覚えています。ただ飲み薬と塗り薬での治療も、満足のいくところまで良くなる事は無く、結局途中で状態が止まってしまいました。


ニキビ跡の治療から完治までの流れ

ニキビが治ってもニキビの出来た箇所に色素が沈着してしまい、化粧をしてもなかなかニキビ跡が隠せずに悩んでいました。 私の場合は、炎症がひいてもいつまで経っても赤みが消えない症状でした。これは、肌の奥にある真皮層付近に炎症が残っていたり、炎症がひどすぎて毛細血管が傷つけられてしまいうっ血が残っているケースです。 またこの症状を放っておくと最終的に褐色のシミになってなかなか消えなくる可能性もあるので、きちんと治すことが必要です。発赤程度で済んでいるうちにケアをしないと長期化する可能性もでてくるので、少しでも早く肌本来のもとに戻す力を向上させる根本治療を開始することが大切になっていきます。 初めは、近くの皮膚科に行って薬をもらったのですがなかなか治らずにレーザーを行っているクリニックに行くことにしました。 ここでは赤みに吸収される特性をもつレーザーであるピュアアクネスという光治療器を使用していきました。ピュアアクネスは、光波長がアクネ桿菌を死滅させる410nm~700nmの波長と適応した治療器です。それに加えて、アクネ桿菌を死滅させる青色光、黒ニキビを軽減させる緑色光、ニキビ跡の赤みや赤ニキビを軽減させ肌質を改善する黄色光とオレンジ光、炎症や皮脂を軽減させる赤色光の5色の光をもつため、ニキビ跡やニキビ全般に効果的でした。 流れとしては、まず医師と肌の状態を診察、カウンセリングを行い適切な方法の説明をしていただきました。それから治療にはいっていきますが、最初に皮膚を保護するために冷却するジェルを塗っていきました。それからピュアアクネスを照射していきます。照射を終えると、皮膚のジェルを拭き取り、仕上げに薬を塗布して終わりという流れでした。 受けてみての感想ですが、始めにカウンセリングをしっかりと行ったので、不安なく受けることができました。また、照射する時の痛みも少し不安だったのですが、冷却ジェルを塗ったからかあまり痛みを感じずに済みました。もしも痛みに耐えられない場合は、鎮痛剤や導入麻酔などもあるのでその部分でも安心しました。 気になるダウンタイムですが、ダウンタイムは全くなく治療後すぐに化粧も可能でした。

そして、私の場合は2ヶ月くらいでもとの肌に改善することができました。ピュアアクネスには、美白・美肌効果や産毛脱毛効果もあるので、よりいっそう肌がきれいになったおかげで、化粧をするのも楽しくなりました。 レーザーはお金もかかるので、塗り薬で治したいという方にはハイドロキノンがおすすめです。別名「肌の漂白剤」とも呼ばれています。 ハイドロキノンは、刺激が強く、痒みなどの副作用が出ることもあるので注意が必要です。最悪、刺激によって発赤してしまい、ニキビ跡がさらに赤くなってしまう可能性も考えられます。 もっと安全で穏やかな成分で治していきたいという方には、ビタミンC(L-アスコルビン酸)を含有したケア製品を使ってみてください。私も、ずっとこの成分が配合した製品を使用しながら、進めていきました。 ビタミンCは高い抗酸化作用を持ち、酸化されたメラニンを還元して肌の色をもとに戻す効果があります。 また皮膚科の医師に言われたのは、ビタミンCなどの抗酸化成分を用いたケアを行うことと同時に、肌のターンオーバー(表皮の新陳代謝、生まれ変わりの事)を正常化させることも大事ということです。 具体的には肌バリア機能をもとに戻す保湿ケアや角質層のダメージをケアするためのホルモン治療などを行っていくことです。 ニキビ跡や慢性的にニキビに悩まされている方は、ターンオーバーを意識して生活習慣から見直していきましょう。睡眠不足が続き食生活が乱れると、肌荒れしやすくなります。 肌が生まれ変わる周期は28日間です。この細胞の生まれ変わりの周期をスムーズにしていけば、ニキビ跡は改善されていきます。



病院に行くも悪化せずにすんでいる程度でした

メニューに戻る